家事が時短出来る収納の工夫方法

どこに何を収納するのか

本当に必要なものだけ残す

これまで、1つの家事に時間が掛かっていた人がいるのではないでしょうか。
その場合は、収納方法を工夫してください。
どこに何があるのかわからない状態が続くと、いつまで経っても家事ができなくなってしまいます。
そもそも収納が滅茶苦茶になる原因は、ものがありすぎるからだという可能性があります。
減らすために、必要なものと不要なものに分けてください。
それから、必要なものを使う頻度が高い順番に並べておきましょう。

同じカテゴリーのものは、同じ場所に入れておくのが良い方法です。
文房具や、仕事で使う物などというように分けましょう。
綺麗に収納するためには、同じ大きさやデザインの箱を使うのが良い方法です。
別々の箱を使っていると統一感がないので、変に見えてしまいます。
箱は、100円ショップなどでも販売されています。
ですからたくさん買っても、大きな出費にはならないでしょう。
小物を全て収納できるサイズの箱を買って、使ってください。

子供が散らかしたものは、子供に片づけさせることを意識しましょう。
気になって大人が片づけるかもしれませんが、それでは子供が片づけを覚えなくなってしまいます。
オモチャ箱に、わかりやすく印をつけるのが良い方法です。
ネコやイヌなどのシールを貼ると、子供はオモチャをネコのところにしまうと理解できます。
子供が整理しやすいよう、低い位置にオモチャ箱を置くようにしましょう。
みんなで片づけをして、家事効率を高めてください。

スムーズに家事を終わらせること

ものがたくさんあると、収納スペースに全て入りきらなくなってしまいます。 残しているものが、実は必要ないものだったという例がいくつか見られます。 本当に必要なのか、調べてみましょう。 自分だけでなく家族にも聞いて、必要ないと言われたら処分してください。

種類を分別しよう

文房具や医療品というように、まとめて収納するのが良い方法です。 するとどこに何があるのか、わかりやすくなります。 同じデザインの箱を並べていると、見た目も美しくなります。 安く入手できるので、綺麗に収納するために同じデザインの箱をいくつか買いましょう。

自分で片づけをさせよう

子供は、オモチャなどを散らかすことがあります。 それを自分で片づけさせてください。 子供の分まで親が片づけていると、負担が増えます。 子供でも、収納できるような工夫をしましょう。 するとすぐに、片づけを覚えてくれます。 うまくいったら、たくさん褒めてあげましょう。